「整形外科学」の記事一覧(2 / 3ページ目)

フォルクマン拘縮の病態と治療

整形外科学

四肢の拘縮の原因の一つに、阻血性拘縮があります。その中でも上肢の拘縮として有名なものにフォルクマン拘縮があります。 理学療法士として、遭遇する可能性の高いものでありますので、その基本的な病態や治療方針を知っておく必要があ・・・

全身の痛みを引き起こす線維製筋痛症候群

整形外科学

慢性疼痛の中でよく話題になる疾患に「線維性筋痛症候群」があります。これは非関節性リウマチ疾患で、全身に痛みが出ることが特徴であり、慢性疲労と類似しています。線維性組織炎と名前が似ていますが、線維性筋痛症は炎症性ではなく、・・・

打撲後に起こる筋内血腫と筋間血腫の違い

整形外科学

打撲などの外傷後に筋内で出血が起こり、筋内血腫が生じることがあります。この筋内血腫は、その後にさまざまな悪影響を引き起こし、日常生活に支障をきたすようになります。筋内血腫は若年者であろうが高齢者であろうが発症します。 ま・・・

ページの先頭へ