「症状別の考え方」の記事一覧

歩行中に起こる膝崩れの原因

症状別の考え方

膝崩れは、理学療法の現場でよく問題になる症状です。膝崩れを起こす多くの人は、膝関節の不安定感を訴え、実際に膝が脱力することによって膝が崩れます。膝崩れには原因があります。そして、それは膝だけの問題ではありません。 そこで・・・

理学療法士の視点から側弯症ついて解説

症状別の考え方

側弯症は、小学生高学年~中学生と思春期に多い疾患です。その重症度は、見た目ではわからないような軽度のものから、脊柱の変形によって、内臓の機能にまで影響を及ぼすような重度のものまでさまざまです。また、一時的なものである機能・・・

股関節を曲げると痛みが出る症例

症状別の考え方

臨床において、「股関節を曲げると痛い」と訴える患者さんは多いです。股関節の屈曲には体のさまざまな部位が関係してきます。 今回は、股関節の屈曲について考えていきます。 まず、股関節の屈曲に制限が認められる場合、原因として「・・・

ページの先頭へ