スポンサーリンク

神経病性関節症は、シャルコー関節とも言われ、関節の感覚神経障害の結果として起こる関節の退行性疾患が主な病態となります。

理学療法の現場では遭遇することはあまりない疾患ですが、臨床で良くある膝崩れなどの原因にもなりえます。その鑑別のためにも、この疾患の基本的なことは知っておく必要があります。

神経病性関節症とは

神経病性関節症は、感覚神経が障害されることで、痛覚、深部感覚などの関節の体性感覚障害が起こります。そして、関節の生理機能が障害されて、過度の負荷や外力を受けやすくなった結果、関節軟骨の変性、骨破壊、不規則な反応性の骨増殖が起こるものです。

この原因としては、脊髄空洞症、脊髄髄膜瘤、脊髄損傷、多発性末梢神経炎、糖尿病などがあります。膝関節に多いですが、糖尿病に由来するものは足部に多いです。

臨床症状としては、関節腫脹、疼痛、不安定感などがあり、膝崩れの原因となることもあります。また、関節水腫は多量で長く続くことが多いです。さらに、画像では変形などの所見が明らかなに、疼痛が少ないことが特徴として挙げられます。

スポンサーリンク

診断と治療

重度の関節腫脹、変形、関節動揺性を示すが炎症所見に乏しいことや、原因不明の関節水腫が長く続き、画像所見と比べて疼痛の訴えが軽度な場合に本症が疑われます。

本症が疑われた場合は、感覚神経障害を引き起こす基礎疾患についての診断も必要です。鑑別が必要な疾患としては、変形性関節症、結晶誘発性関節炎、ステロイド関節症などが挙げられます。

治療としては基礎疾患の治療が第一です。しかし、本症による関節破壊も進行を止める必要があるため、理学療法や装具療法の適応となります。また、変形が強い場合は手術なども考慮されます。しかし、人工関節などの手術に関しては、予後不良のため慎重な判断が求められます

以上のように、神経病性関節症は基礎疾患の治療が大切になります。そのため、理学療法士としては、関節破壊の進行が進む前に発見しドクターに報告することが大切です。