スポンサーリンク

トレンデレンブルグ歩行やドゥシャンヌ歩行は、代表される歩容の崩れです。このような歩容に対して、一般人は「体が傾いているから真っすぐするように意識をしよう」などと考えます。理学療法士でも「真っすぐ意識して歩いてください」「背中を意識して伸ばしてください」などの指導を行う人は多いです。

しかし、本当に意識することは必要なのでしょうか。今回は、動作に対する意識について私の考えを述べます。

動作は意識の問題で崩れているのか?

多くの動作練習において、意識が大切なことは間違いありません。しかし、患者さんの動作ができなくなっているのは、意識の問題だけでしょうか。動作に問題ない人は、意識しなくても、動作が崩れることなく生活しています。また、動作が崩れている人も、意識ができなくなってから、動作が崩れてくるということはほぼありません

つまり、動作に問題がある人のほとんどは、意識の問題ではないと考えています。

動作が崩れているのは結果である

動作が崩れているのは、何かしらの機能障害の結果であることがほとんどです。

例えば、中殿筋の筋力低下によって、ドゥシャンヌ歩行になっていたとします。この場合は、中殿筋の筋力低下の代償の結果として、その歩容になっています。つまり、この歩容を行うことによってバランスがとれ、歩くことができるということです。

スポンサーリンク

このケースにおいて、問題となっている中殿筋の筋力低下を無視して、歩容だけを修正しようとしたらどうなるでしょうか。バランスがとれなくなり、歩くことができなくなる可能性があります(もちろん筋力低下の原因も考える必要があります)。

その他の動作も同様です。今起こっている動作は、根底に何かしらの問題があって、その問題を代償するために起こっている防衛反応と考えることができます。そのため理学療法士は、その根底にある問題を見つけだし、改善することが必須になります。そして、動作が行える身体状態を作った後、その動作練習を行うことが大切です。

姿勢の意識、荷重の意識、動作の癖も同じです。まずは、根底にある機能障害の改善を図り、その後、動作練習が必要なら行ってよいと思います。

もちろん、器質的な問題が大きいため、代償的な動作の学習が必要なときもあると思います。その場合も、まずは、その人が持っている力を最大限発揮できる状態にし、それでも動作が行えなかったというのが前提になります。しかし多くの場合、身体環境を整えると、身体は、今の状態に適した動作を行っていくと考えています。

以上のように、動作練習自体は必要な場合もありますが、理学療法士としては、できない動作の練習をするのではなく「なぜこの動作ができていないのか?」を深く考えることが大切だと思います。また、過剰な意識は身体にとって、悪影響を及ぼすことが多いことも頭に入れておく必要があります。