スポンサーリンク

五十肩(肩関節周囲炎)は、整体や整形外科を訪れる人が多く悩んでいる病気です。一般的には、五十肩といわれますが、診断名としては「肩関節周囲炎」とされることがほとんどです。

五十肩とは、50歳前後に起こる肩の痛みの総称です。そのため、40代であれば四十肩、60代であれば六十肩と呼ばれることもあります。

そして五十肩に関しては、「動かさなければ関節が固まるから、痛くても動かさなければいけない」ということが一般認識として広がっています。実際に病院でも、医者からそのように指導される人が少なくありません。

ただ、五十肩はストレッチなどを行って無理に動かしても良くなることはありません。むしろ、無理やり運動することは痛みはもちろんのこと、関節の可動性も低下させることにつながります。

そのため、五十肩の人には、無理なストレッチは厳禁だといえます。

そこで今回は、「五十肩に無理なストレッチを行ってはいけない理由」について解説します。

 五十肩とは
五十肩とは、50歳前後で肩が痛くなった人のほとんどに付けられるものです。病院などでは、五十肩というよりも「肩関節周囲炎」と診断されます。

このように五十肩という名前は、肩の問題を何も表していません。五十肩には、ただ「50歳前後で肩が痛い人」という意味しかありません。また、肩関節周囲炎という診断名も、「肩の周りに炎症がある状態」であれば、全ての人に当てはまります。筋肉であろうが靭帯であろうが、肩周辺に炎症があれば肩関節周囲炎です。

さらに、肩関節の周囲に炎症があるといっても、MRIや血液検査などで正確に検査して炎症が確認されることは少ないです。多くのケースでは、痛みなどの症状を元に、「炎症があるだろう」という予測から肩関節周囲炎と診断されます。

このように、五十肩と肩関節周囲炎という名前は、かなり曖昧な診断名だといえます

そして、こうした五十肩や肩関節周囲炎に対しては、注射や薬に加えて、リハビリが行われるケースがほとんどです。それは、五十肩や肩関節周囲炎では、肩の可動域(動き)が悪くなるため、それを予防する目的で処方されます。

ほとんどの病院で、「肩が固まらないように痛くても動かしてください」といわれます。

ただ実際には、そうしたことを行っても五十肩や肩関節周囲炎は治りません。そうした痛みを我慢した無理な運動は、むしろ痛みや可動域の制限を強くすることにつながります。

 五十肩に無理なストレッチを行ってはいけない理由
五十肩や肩関節周囲炎の人に対しては、痛くても肩関節を動かしてリハビリを行うように指導されます。ただこのときに、言われた通りに痛みを我慢して運動していると、後々大変なことになりかねません。

スポンサーリンク

そもそも、関節を動かしたときに痛みがある場合、必ず疼痛が発生している原因があります。そのため、五十肩や肩関節周囲炎と診断された場合には、まずは「関節が痛いとは何を意味しているのか?」ということを考えなければいけません。

肩関節に限ったことではありませんが、関節には「骨から骨へ力を伝える」と「円滑に運動を行う」という2つの役割があります。そしてこうした機能は、「関節の適合性(かみ合わせ)」が十分でなければ発揮されません。

関節は、2つ以上の骨がかみ合わさって形成されています。こうした骨と骨の関節適合性が低い状態であると、関節は本来の機能を発揮することができません。

そして、関節の適合性が最もなくなった状態が「脱臼」です。脱臼の状態になると、関節のかみ合わせが全くなくなってしまうため、「力の伝達」や「関節が滑らかに動くことで動作を円滑にする」という役割を全く果たさなくなります。

そのため、関節にとって脱臼は最も避けるべき状態です。また、脱臼の前段階となる関節適合性の低下も関節にとっては好ましくないといえます。

そして、関節可動域制限や痛みが生じる原因は、このような関節適合性にあります。

具体的には、それ以上の範囲を動かすと関節の適合性が維持できなくなる場合に、関節の動きが制限されます。また、痛みに関しても同様であり、疼痛が出るということは、「それ以上力を入れたり運動したりすると、関節のかみ合わせが悪くなる」という体からの危険信号であるといえます。

こうした理由から、五十肩や肩関節周囲炎の人は、痛みを我慢して運動を行ってはいけません。そうした行為を続けると、体は「この程度の痛みや動きの制限では、まだ無理して動かすから、このままでは関節が壊れてしまう」「関節が壊れないようにもっと痛みを強くして、可動域を小さくしよう」とします。

つまり、痛みや可動域の制限がどんどん強くなります。その結果、数年間も疼痛や動きが悪い状態が続くことになります。

そうしたことを避けるためにも、五十肩や肩関節周囲炎の人は、痛みを我慢して運動やストレッチといったリハビリをすべきではないといえます。

今回述べたように、五十肩や肩関節周囲炎に限らず、痛みなどの症状が体に起こっている場合には、必ず何か意味があります。そのため、症状を改善させるためには、まずは「症状が出現している意味」を考えることが大切です。

特に、五十肩や肩関節周囲炎に関しては、そうした症状の意味を考えずにリハビリをすることで、痛みや運動の制限が悪化する人が多いため注意してください。