スポンサーリンク

変形性膝関節症は、一般人でもよく知っている疾患だと思います。病因については不明なことが多いですが、その病態は次第に明らかになってきています。

今回は、この変形性膝関節症の基礎から、実際の原因まで、私の考えを含めて述べます。

変形性膝関節症の基礎知識

膝の痛みは、高齢者の愁訴で腰痛と並んで、最も多く訴えられるもので、有症の変形性膝関節症の患者さんは、全国で800万人を超えるとされています。

病因は代謝性疾患、外傷、先天異常など明確な原因がある二次性のものと。明らかな原因が認められない一次性に分類されます。多くは一次性であり、60歳前後の女性に多く認められます。

初期症状として、膝関節のこわばりや動き始めの疼痛の訴えが多いです。日本では、ほとんどが内反型変形であり、疼痛の多くも内側にあります。進行すると、歩行時や階段昇降時にも、持続的な疼痛が生じ、関節可動域の制限も出現してきます。

治療は、理学療法や装具療法、薬物療法などを中心とした保存療法を行う頻度が多いです。しかし、変形が重度で60~70歳以上の場合、人工関節置換術が考慮されます

変形性膝関節症の原因は何か?

一次性の変形性膝関節症の原因として、加齢、体重、筋力低下などさまざまなことが挙げられます。そのため、保存的治療として、ダイエットや筋力トレーニングを指導されることがほとんどです。しかし、一般的に考えて、これらが一番の原因になることは考えにくいです。

加齢に関しては、もしそれが一番の原因なのであれば、歳をとるとみんな変形性膝関節症になります。そして、片方だけ変形性膝関節症になる説明がつきません。

体重に関しても同様です。確かに体重の増加は、関節にかかる負担を大きくします。しかし、太っている人みんなが変形性膝関節症になっているわけではありませんし、これも、片側だけ発症する説明がつきません。

スポンサーリンク

筋力低下に関しては、加齢による筋力低下が生じると、確かに体重に変化がないと、その分、骨関節への負担は増えます。しかし、多くの人は、加齢に伴い活動量も減るため、筋力が低下した分の負担は減っていることが多いです。

変形性膝関節症になる原因は、大きく2つあります。

一つ目は、「体重に対する筋力不足」です。先程述べたように、1つの要因では多くの現象の説明がつきません。体重に関しても、体重が増えた分、筋力が伴って増えた人は関節への負担は増えません。一方、体重だけ増加し、筋力に変化がない人は、関節への負担が大きくなり変形性関節症を発症しやすくなります。

よって、体重を減らすことや筋力をつけることは、その治療としては間違っていません。しかし、もう一つの原因を考えるときに、この筋力をつけることに関して、もう少し深く考える必要があります。

その原因とは、「関節適合性の低下」です。関節は適合性が維持されることで、その機能を発揮します。適合性が悪い状態だと、力の伝達や関節内の動きに問題が生じるため、「筋出力の低下」や「関節可動域の制限」といった現象が起こります。

この適合性が低下している状態で、過度な荷重をかける、無理に関節を動かすなど、関節に過度な負担をかけると、関節は適合性を維持しようと、変形を起こし、無理矢理適合性を上げます。これは体の防衛反応です。この結果、変形性関節症が発症してしまうということです。

つまり、一つ目の原因である筋力低下の問題を考える前に、関節適合性の問題を考慮しなければなりません。

以上のように、変形性関節症の原因の多くは、体重に対する筋力不足です。しかし、その筋力不足の背景には、筋力を発揮しづらくしている、関節適合性の問題があることがほとんどです。

よって、筋力トレーニングを行う場合は、まず関節適合性の問題がないことが前提となります。その上で、体重に対する筋力が足りない場合は、筋力トレーニングが必要です。