スポンサーリンク

滑膜ヒダという言葉は聞いたことがある人が多いと思います。しかし、その具体的な役割や病気とのつながりを正確に理解している人は少ないのではないでしょうか。

とくに膝関節の滑膜ヒダは、若い人の膝痛の原因になりやすく、多くの人がその問題を抱えています。

今回は、この滑膜ヒダに関して解説します。

滑膜ヒダとは

滑膜ヒダとは、滑膜が退化したものが残ってしまったものであり、組織の未成熟な遺残組織である滑膜層の関節間の折り目にあたります。通常、これらの滑膜ヒダは、発生過程において消失します。しかし、成人の約20%において、この滑膜ヒダが残っているとされています

この滑膜ヒダは膝関節のどの部位にでも見つかる可能性がありますが、ほとんどは無害です。これらは柔軟性があり、通常では膝関節の運動により自由に追従します。しかし、急性あるいは慢性の外傷が起こった場合、滑膜中の炎症が滑膜ヒダに広がる可能性があり、それが症状につながる可能性があります。

滑膜ヒダが好発する部位

滑膜ヒダは、どの部位にでも発生しますが、ある3つの部位に好発します。

一つ目が膝蓋骨内側です。膝関節の内側壁に存在し、大腿骨顆の上方の高さで関節包内側から始まり、膝蓋骨の下内側を通り大腿骨内側顆の外側部をまわり、膝蓋骨脂肪体の滑膜が末梢部へ付着する前に内側裂隙を横切ります。

スポンサーリンク

この部位での障害は最も多いとされています。このヒダは、特に膝関節の最終伸展15°において、膝蓋骨の軌跡を正常にするのに役立っており、この可動範囲での疼痛や不安感の訴えが主となります

二つ目が膝蓋骨上側です。外側広筋腱から膝蓋骨近位で大腿直筋、中間広筋に始まり、膝蓋骨内側を曲がり末梢に進み、内側脂肪体の遠位に付着します。このヒダには膝関節筋が付着し、その収縮によって、伸展運動時にヒダが膝蓋大腿関節に挟み込まれないようになっています。

そして三つが膝蓋骨下側です。顆間窩の屋根の部分から始まり、前十字靱帯と並行して下行し、膝蓋下脂肪体に付着します。この滑膜ヒダは一般的によく見られ、前十字靱帯と混同されます。

滑膜ヒダ障害の症状

滑膜ヒダが障害されると、膝蓋骨の軌跡の障害や脛骨大腿関節運動の障害が起こります。そのため、膝蓋大腿関節障害や半月板損傷と同じような症状が出現します。

具体的には、ひざ崩れ感、長時間座位後の痛みなどが特徴的です。その他にもロッキング、捻髪音、運動の障害、大腿四頭筋の委縮、腫脹、マックマレーテスト陽性などが見られることがあります。

以上のように、滑膜ヒダの障害はさまざまな症状を引き起こします。膝蓋大腿関節障害や半月板損傷のような症状を有しており、経過が長い方は、この滑膜ヒダ障害を抱えている可能性があるので注意が必要です。