スポンサーリンク

東洋医学には、西洋医学と異なる概念が多くあります。その中でも有名なものが「経絡」ではないでしょうか。理学療法士で経絡という概念を理解している人はそう多くありません。

それは、経絡が実態のないものということが大きく関係していると思います。

しかし、臨床においてこの経絡の概念を取り入れると、評価、治療の幅は格段に広がります。特に、理学療法士が対象外と考える内臓系の問題に対しても介入できるようになります。

もちろん、内臓への治療の中心は内科になります。しかし、臨床でよく訴えられる症状の原因が、検査では現れないような内臓の不調から生じていることは多々あります。このような場合に、経絡の概念を知っているとその症状に対応できるようになります。

そこで今回は、経絡の概念について基本的なことを述べます。

経絡は気や血の通り道

経絡とは、体内をめぐり生命活動を支えている「気」や「血」の流れる道になります。これは全身に張り巡らされており、臓腑と皮膚や筋をつないでいます。そのため、経絡に問題が生じると、臓腑や皮膚、筋に症状が出現する可能性があります。

これらは相互に関係しているため、臓腑が障害されると経絡を通して皮膚や筋に悪影響を及ぼし、逆に皮膚や筋が障害されても臓腑に悪影響を与える可能性があります。

さらに経絡には、病気に抵抗する力である「正気」と、逆に病気を導く力である「邪気」の通り道でもあります。そのため、正気が十分に流れていると問題ありませんが、邪気が正気の力を上回ると経絡を通して臓腑に悪影響を与えます。

スポンサーリンク

東洋医学では、このような経絡のメカニズムを使って、診断や治療を行います。

経絡と体表部の接点を「経穴」といいます。これはいわゆる「ツボ」とよばれるものです。例えば、この経穴に圧痛やしこりがある場合、その経穴と経絡に関連している臓腑に何らかの病変が起こっていることが予測できます。

また同時に、その経穴に鍼や指圧で刺激を加えることによって、その臓腑に働きかけることもできます。

経脈と絡脈

経絡には、太い「経脈」と呼ばれるものと、その経脈から分岐した細い「絡脈」の2つがあります。経脈は体内を縦に走っており、絡脈はその経脈を横方向でつなげる役割があります。

経脈はさらに、正経十二経脈と奇形八脈に分けることができます。

正経十二経脈は、五臓と六腑のそれぞれにつながる12種類の経脈で、各臓器に気や血を行き渡らせる働きがあります。一方、奇形八脈は正経十二経脈以外の経脈を指し、臓腑とはつながらず、正経十二経脈をつないでいます。

はじめは、正経十二経脈を覚えるだけでもよいかと思います。

以上のように経絡は、われわれ理学療法士が得意とする筋と、臓腑との関係性を明らかにしてくれます。そのため、敬遠しがちな概念ですが、実は理学療法士として臨床に取り入れやすい概念です。

今まで敬遠していた方は、これを機会にぜひ勉強してみてください。臨床の幅が大きく広がるはずです。