スポンサーリンク

筋膜は全身でつながっており、体にとって重要な機能を担っています。その、筋膜の構造を知ることは、機能を知ることと同じくらい重要です。

そこで今回は、筋膜の構造について解説します。

結合組織細胞

人の組織内では細胞は基本的に、神経細胞、筋細胞、上皮細胞、結合組織細胞の4つに分類できます。このうち結合組織細胞は、線維とその他の成分を変化させて多くの組織を形成しています。筋膜、骨、骨膜、軟骨、靱帯、腱、腱膜、脂肪、血液などがその例です。つまり、これらは、基本は同じ結合組織細胞から作られています。

そして、広義の筋膜(Fascia)の定義ではこれらの骨膜、靱帯、腱や腱膜なども含みます

狭義の筋膜は、Myofasciaのことを指し、広義の筋膜の中でも筋を覆っているもののことをいいます。これは、皮下組織層にある浅筋膜とその下にある深筋膜に分類されます。深筋膜はさらに、筋を覆う筋外膜、筋束を覆う筋周膜、筋線維を覆う筋内膜に分けられます。

理学療法を行う際には、広義の筋膜のイメージをもつことが大切です。この広義の筋膜は、筋だけでなく、神経、血管、内臓を包み込み、全身でつながっています。また、硬膜など脊髄や脳にまでつながります。

この全身のつながりと、結合組織の特徴を意識することが重要です。

筋膜の二重バック構造

筋膜は筋、骨にしても内臓にしても同じような構造をしています。これは、「二重バック構造」といわれます。

風船を筋膜として考えます。そして、手でグーを作り、これを筋や内臓などの臓器とします。膨らんだ風船のなかに手を入れ込みます。すると風船は手に接している部分と、接していない部分で二重構造ができます。この臓器に接している部分が、筋、骨の関係では骨膜、内臓では臓側腹膜、心内膜となり、接していない部分が筋では筋外膜、内臓では壁側腹膜、心膜になります。

また、この二つを継いでいる部分、手首が接している部分が、筋では筋間中隔、内臓では腸間膜になります。

このように筋膜は、臓器を二重構造で包み、その二重構造は筋間中隔、腸間膜でつながります。

スポンサーリンク

テンセグリティ構造

また、広義の筋膜は全身でつながっています。そして、この筋膜は全身でテンセグリティ構造を作ります。テンセグリティ構造とは、バックミンスタ-・フラーにより提唱された概念です。Tension(緊張)とIntegrity(統合)の造語で、以下のような特徴をもったものになります。

・外からの支持がなくても自立保持することができる。
・この構造において張力と圧縮力が絶妙のバランスを保っている。
・中心がどこにもなくかつ全ての棒が交わらない構造を作ることができる

身体においては、骨が圧縮力、筋膜が張力を作るものであり、この二つが絶妙なバランスをとっています。

もし身体において、筋膜の張力要素がなかったら、一番下にある足に負担が集中します。しかし、この筋膜の張力要素が加わることにより、体にかかる負担が分散します。

細胞レベルでのテンセグリティ構造

実は、このテンセグリティ構造は、上記したような全身レベルというマクロなレベルだけでなく、ミクロな細胞レベルでも存在してているのです。これは、細胞外マトリックスである筋膜と細胞、そしてその核までがつながっているということです。

その鍵を握るのが、「インテグリン」とよばれるタンパク質になります。このインテグリンが筋膜と細胞をつないでいるのです。

つまり、筋膜にかかる張力や圧力は、インテグリンを介して、細胞、そしてその核まで情報が伝えられるということです。これは、筋膜を通した全身の情報伝達機能に大きく影響しています。この核までのつながりにより、全身の情報を考慮した、細胞局所の反応が調整されます。

全身をつないでいるのが筋膜、筋膜と細胞をつないでいるのがインテグリンということです。

以上のように、筋膜は構造の捉え方によって、機能も捉え方が変わります。そして、セラピストの意識は治療効果に大きく影響しますので、この構造の捉え方は重要です。少し難しい話になりましたが、一度、筋膜の基礎について勉強し直すと、臨床が変わってくるかと思います。