スポンサーリンク

細胞は、血液によってエネルギーが供給されることで働くことができます。しかし、血液の循環量は一定ではなく条件によって変化するため、適切な血液量が細胞に届けられるように、調整される仕組みが必要です。

実際に、体にはそのような循環を調整するシステムが備わっています。

その中でも、有名なものに「レニン‐アンジオテンシン系」があります。レニン‐アンジオテンシン系は即時的、また、中・長期的に循環機能を調整します。

またこのシステムは、腎臓での反応による全身循環の調整だけでなく、組織での反応による局所循環にも影響します。

そこで今回は、このレニン‐アンジオテンシン系について解説します。

腎レニン‐アンジオテンシン系

血圧が低下すると、体はさまざまな反応で血圧を戻そうとしますが、その一つが、「アンジオテンシンⅡ」という生理活性物質の働きによるものになります。アンジオテンシンⅡは、副腎皮質での「アルドステロン」の合成と分泌を促します。アルドステロンは腎臓でのNaの再吸収を促進するとともに、抗利尿ホルモンである「バソプレシン」の分泌を促すことで血圧を上げます

また、交感神経系の活性化により末梢血管抵抗を上げることでもその作用を発揮します。腎臓での反応は中長期的、末梢血管抵抗の反応は即時的な血圧調整に関与します。

そこで、アンギオテンシンⅡ生成までのメカニズムを説明するのが、レニン‐アンジオテンシン系であり、腎臓での反応を説明したものが腎レニン‐アンジオテンシン系ということになります。アンジオテンシンⅡの生成までの簡単な流れは以下のようになります。

スポンサーリンク

 アンジオテンシノーゲン→アンジオテンシンⅠ→アンジオテンシンⅡ

この反応に関係するのが「レニン」という物質になります。レニンは腎臓で生合成されるタンパク分解酵素であり、血圧低下などの刺激で血液中に放出されます。そして、肝臓で合成された「アンギオテンシノーゲン」を分解し、「アンジオテンシンⅠ」を作る作用があります。

また、アンジオテンシンⅠは、アンギオテンシン変換酵素(ACE)によってアンジオテンシンⅡに変換されます。

このような反応が起こることで、レニンは結果的に血圧上昇に働いているということです。また、レニンは以下の3つ要因から負のフィードバックを受けることで、その分泌が調整されます。

・アンジオテンシンⅡの血中濃度の上昇
・循環血流量の増加
・血圧の上昇、腎臓血流量の増加

組織レニン‐アンジオテンシン系

レニン‐アンジオテンシン系は心・血管系にも存在し、局所における循環調節も行っています。これは先ほど説明した、末梢血管抵抗に作用することで、即時的な血圧調整に関わります。この反応は基本的に、レニンの分泌部位が異なるだけであり、その後のアンジオテンシンⅡ生成までの流れは変わりありません。

以上のように、レニン‐アンギオテンシン系は血圧調整メカニズムのうちでも重要なものです。これを理解しておくことで、運動処方時のリスク管理や降圧剤の作用機序の理解につながります。