スポンサーリンク

腰痛や膝関節痛、肩痛といったように体の不調が生じた場合、多くの人は病院と整体、接骨院のどこに行くべきかを悩みます。

「病院は痛みが強くて薬をもらいたいときに行く」や「肩こりや腰痛だと整体が良さそうだけど、整体は保険が使えないから高い」「整骨院は保険が使えてマッサージをしてもらえるけど時間が短い」など、さまざまなことを考えていると思います。

しかし実際には、病院と整体、接骨院は、目的に応じて明確に使い分けなければいけません。肩こりや腰痛、肩痛などが出現したときに、適切な場所に行かないと、症状が慢性化するだけでなく、悪化させることにつながる可能性があります。

そのためには、病院と整体、接骨院の違いを正確に理解しておくことが大切です。

そこで今回は、「整形外科病院と整体、整骨院の違い」について解説します。

 整形外科病院
整形外科病院は、医者と看護師が常駐しています。そして、整形外科のクリニックであれば、リハビリ専門職者(理学療法士や作業療法士)やトレーナーなどを雇っているところも多くあります。

整形外科病院における1番の特徴は、医者がいることです。医者がいることで、レントゲンやMRI、超音波、血液検査といったような、さまざまな機械を使った検査を細かく行うことができます。

また、薬の処方や注射、点滴など、医者と看護師がいるからこそできる処置を行ってくれます。さらに、理学療法士などのリハビリ専門職者が働いているような病院であれば、リハビリが処方されることもあります。

病院にはこのような特徴があるため、体の不調が現れて「とにかく検査をして原因を見つけたい」という場合にはお勧めです。基本的には、痛みや痺れなどの症状が認められた場合には、最初に病院を受診して診断してもらうことが大切です。

その上で、内科疾患の可能性や手術、注射、薬物療法の必要性がないのであれば、整体や接骨院に通っても問題ありません。

ちなみに、病院は健康保険が使えるため、基本的に料金の負担は少ないです。

 整体
整体は、整体師がマッサージをしたり、徒手的なアプローチを行ったりするところです。

基本的に、整体院を開くために資格は必要ありません。あなたが明日から整体を行いたいと思うのであれば、明日から整体院を開業することができます。また、整体は健康保険が使用できません

そのため、施術時間や利用料金もバラバラであり、1時間3000円程度のところもあれば、1時間10000円を超す整体もあります。

そして、整体には資格がいらないため、整体院ごとに施術内容はもちろんのこと、整体師の腕前も違います。また、値段が高ければ高いだけ技術があるわけでもないため、非常に選択が難しくなります。

スポンサーリンク

整体は、以下のような人に向いています。

・病院や整骨院などの営業時間に通院することができない
・病院や整骨院などに通院しているが一向に良くならない
・病院で骨折などはなく、医学的処置が必要ないとされている人

整体院をしている人の中には、治療に関して凄腕と呼ばれるような人もいます。ただ、症状が強かったり、原因がはっきりせずに心配だったりする場合には、整体を利用する前に病院で診断を受けることが基本です。その上で、問題がなさそうであれば整体に行くようにしましょう。

また、整体を利用するコツは、数回受けても全く変化がなく納得いくような説明がない場合には、整体院を変えることです。

整体師の中には、凄腕の人もいますが、ただ痛い部位をマッサージするだけの人もいます。そのため、しっかりと整体を受けた効果を確認しながら利用することがお勧めです。

ちなみに、肩こりや慢性的な腰痛、関節痛などは、病院よりも整体が向いていることが多いです。

 接骨院(整骨院)
接骨院というと、「保険が使えてマッサージしてくれる」「電気とマッサージしてくれるところ」などのイメージがある人が多いと思います。

接骨院とは、柔道整復師が常駐してるところであり、基本的には「脱臼」や「捻挫」「鞭打ち」「打撲」など、原因がはっきりしている急性の問題に対して対処をするところになります。そのため、接骨院で保険請求できるのは、「腰椎捻挫」や「外傷性頚部症候群(鞭打ち)」といったように、限られたものになります。

しかし実際には、多くの人は慢性的な腰痛や肩こりなどで接骨院を利用しています。これは、接骨院が慢性腰痛や肩こりなどの病名を、「急性の腰椎捻挫」や「頚椎捻挫」などに意図的に変えて保険を請求しているためにできることです。

つまり、接骨院で慢性腰痛や肩こりなどに対してマッサージなどを行っているところは、「不正請求」をしている可能性が高いといえます。

接骨院には、保険も使えて夜も遅くまで営業しているところがたくさんあるため、仕事の都合で夜遅くしか通院できない人には人気が高いです。ただ、接骨院で本当に施術の対象となるのは、「捻挫」「挫傷」「打撲」「骨折」「脱臼」などの原因が明らかな急性の問題だということを理解しておいてください。

そのため、基本的に慢性的な腰痛や肩こりの人は、接骨院を利用すべきでないといえます。

今回述べたように、整形外科病院と整体、接骨院では、それぞれ役割が異なります。こうした違いを知った上で、あなたの腰痛や肩こりといった体の不調に対する治療、施術を受ける場所を選択する必要があります。