スポンサーリンク

臨床の基本に対する思考

体の形態から機能を予測する:脊柱、胸郭、骨盤帯

仙腸関節の役割を知り、評価・治療に活かす:荷重伝達機能

理学療法適応か否かを鑑別する:仮説検証の重要性

人との接し方を学び、理学療法の臨床に生かす:面で接する重要性

筋内圧と慢性疼痛:筋内圧の上昇と慢性疼痛の関係性

症状の根本的な原因について考える:四肢末端と中枢・脊柱の関係

糖尿病の基礎知識:血糖値の基本を学び、理学療法の臨床に生かす

脊柱の機能について考える:S字弯曲、可動性と四肢関節の関係性

肩関節の治療に欠かせない「上腕骨頭前方変位」について考える

動作練習について考える:動作の崩れは機能障害の結果である

関節可動域制限と関節変形の根本的原因について

筋力について考える:筋肉量と筋出力の違いを知り、臨床に生かす

治療に対する思考

理学療法士が慰安ではなく治療を行うべき理由

有酸素運動の効果:有酸素運動と自律神経の関係性

徒手療法の効果:徒手療法が自律神経に与える影響

レーシック手術が全身に与える影響:筋膜と全身のつながり

筋膜の治療:エコーと生理食塩水注射を用いた筋膜リリース

スポンサーリンク

圧迫刺激の作用:筋膜リリース、トリガーポイント、毛細血管

寒冷療法の実際:クライオキネティックスを学び、臨床に生かす

さらに高い成果を出すための思考

腰の伸びにくさの原因:スタチン系製剤による横紋筋融解症

感情と身体:東洋医学における五臓六腑の考え方を臨床に生かす

理学療法士の治療における頭蓋仙骨療法の使い方

心機能と理学療法:心機能低下の特徴から自律神経機能を予測する

自律神経系の機能を考えて臨床に応用する

認知行動療法を理学療法の臨床に生かす方法

脊柱の過敏性について考える:頭蓋仙骨リズム・生活習慣との関係

学ぶ姿勢に対する思考

講習会に出ても結果が出せない理由:一つの技術にハマる大切さ

若手の理学療法士が力を入れるべきこと

その他

理学療法士自身の体について:セラピスト自身が体を整える重要性

理学療法士の役割:治療家とリハビリテーションを支援する専門家

スポンサーリンク