スポンサーリンク

東洋医学では、「望・切・聞・問」という言葉があります。これは、東洋医学で用いる主な4つの診察法を指し、これらで得た情報をもとにして診断し、治療の方針が決まります。

今回はこの「望診・切診・聞診・問診」の4つについて解説します。

「望診・切診・聞診・問診」

これは、先ほど述べたように、診察法を指します。具体的にいうと「望診」は視覚によって情報を収集する方法です。理学療法士でいうと、動作観察、姿勢観察などが主になり、その他の体型や肌色などの見た目からの情報も望診に含まれます。

東洋医学では、舌の状態から診断する「舌診」というものがありますが、これも望診に含まれます。

実は、舌診は理学療法士でも有効に使えます。舌の状態を見ることで、簡単にストレスが溜まっている、消化不良が起きているなどの予測が立てられます。

「切診」は体に触れることで情報を収集する方法です。理学療法士でいうと、触診や可動域検査など、他動的な検査全般がこれに当たります。

その他にも、東洋医学では「脈診」や「腹診」などがこれに当たります。脈診は難しく、経験のない人がこれを行うことは不可能です。一方、腹診はそこまで難しくなく、ある程度練習すれば、臨床で使える程度までは習得できるかと思います。

スポンサーリンク

「聞診」は聴覚や嗅覚を通して情報を収集する方法です。これは理学療法士にはなじみがないかと思いますが、実際は理学療法士としてもかなり使えます。例えば、口臭などから胃の状態を予測できますし、声の状態から患者さんが自分からは言えないような心理的変化を読み取ることもできます。

そして最後は「問診」ですが、これは理解しやすいかと思います。望診、切診、聞診で得た情報から問題の焦点を絞り、患者さんに質問することを指します。

これらは行う順番などはなく、とにかく全てを組み合わせてはじめて意味があります。「四診合参」といって、四診で得た全ての情報を総合して病態を把握することが大切です。

理学療法士としても、問診、視診などと、切診である身体検査を組み合わせることによって、その情報の妥当性の検証を行います。

つまり、基本的には考え方は同じです。しかし、東洋医学の方が「口臭」や「体臭」など、我々より多くの要素もその判断材料の一つとして考えているため、妥当性の検証がより正確に行えます。

私たち理学療法士も、このような東洋医学の診察法を取り入れることで、より効率的かつ正確な仮説に対する検証が行えるようになると考えています。