スポンサーリンク

側弯症は、小学生高学年~中学生と思春期に多い疾患です。その重症度は、見た目ではわからないような軽度のものから、脊柱の変形によって、内臓の機能にまで影響を及ぼすような重度のものまでさまざまです。また、一時的なものである機能性側弯と、病気として認められる構築性側弯に分けられます。

今回は、この中でも特に、原因不明と考えられている構築性側弯の中の、特発性側弯について私なりの考察を述べます。

側弯症の分類

先ほど述べたように、まずは、大きく機能性側弯と構築性側弯に分けられます。

機能性側弯は、不良姿勢や脚長差、痛みの回避などから生じたもので、ほとんどは一時的なものになります。この機能性側弯症は、理学療法士が力を発揮できるところです。

構築性側弯はさらに、先天性、神経・筋性、神経線維腫症によるもの、間葉系疾患によるもの、外傷性、その他の原因、特発性に分けられます。このうち、80~90%は原因がわかっていないことから、特発性側弯症に分類されます。

特発性側弯症は思春期の女性に多く、原因もわかっていないため、予防法は確立されていません。治療に関しても、手術や装具療法、運動療法を用いるシュロス法など、側弯症に特化したものはありますが、確立されていないのが現実です。

側弯症はS字湾曲が前額面上にできたものである

先ほど述べたように、多くの側弯症は原因不明で、予防、治療法が確立されていません。ここからは私なりの仮説です。

スポンサーリンク

まず、遺伝に関してです。遺伝との関係性は、はっきりしていませんが、印象としては、側弯症は家族内で関連して起こりやすいという印象です。側弯症が認められる子供さんの過程では、親御さんやその兄弟も側弯症をもっていることは多々見られます。しかし、これが遺伝なのか環境要因なのかはわかりません。

そして、側弯症の一原因として、矢状面における脊柱のS字湾曲の消失が考えられます。人間の体は、脊柱が矢状面でS字状の湾曲を作ることによって、さまざまな機能を発揮しています。例えば、この湾曲は体にかかる衝撃の吸収を行います。もし、この弯曲が少なくなると、体の衝撃吸収能力が低下してしまいます。

そして、私の印象ですが、側弯症の患者さんは矢状面におけるS字湾曲が消失している人が多いです。私の仮説として、その矢状面のS字湾曲の消失の代償として、前額面でS字湾曲を作ることによって、その機能を補っている結果、側弯症となっているのではないかと考えています。

つまり、この側弯症も体の防衛反応の結果だと考えています。そのため、私は、側弯症を徒手療法やストレッチなどの運動療法で無理矢理修正するのはどうなのかと考えています。

また、もしこの仮説が正しいのであれば、家族内で関連していることにも説明がつきます。脊柱の湾曲は食事や睡眠などの生活習慣によって、影響を受けます。つまり、同じような生活をしていると、同じような脊柱になりやすいということです。

以上は仮説ですが、少なくとも側弯症の一要因になっているのではないかと思います。もし側弯症の患者さんを担当している人がいたら、是非意識してみてください。