スポンサーリンク

関節水腫は臨床でよくみられる症状の一つで、関節液が過剰になっている状態です。特に、膝関節疾患のクライアントに多いのではないでしょうか。この関節水腫に対して、医者は「穿刺」を行います。正常では数ccしかない関節液ですが、腫れている人は数十cc溜まっている場合もあります。

今回はこの「関節水腫」に対して原因を解説します。

関節液の役割

どのような症状にしても、現象が起きているということは原因があります。では関節水腫が起こる原因は何でしょうか。それを考えるために、関節液の役割について考えます。

関節液の役割は、主に「栄養作用」と「潤滑作用」の2つです。

半月板、関節軟骨は血管の分布が少ないです。そのため、血液による栄養供給がほとんどありません。(血管だけではなく、神経に関しても同様です)これが、「半月板や軟骨は痛みを感じない」といわれる理由です。正確には分布が少ないだけで、全くないというわけではありません。

つまり、血管以外からの栄養供給が必要ということです。その役割を、関節液が担っています。学生や新人では意外と知らない人がいますが、関節液は血液からできています。

そして2つ目は、潤滑作用です。関節は氷より滑るといわれるほど、関節面が滑らかです。その滑らかさを補助しているのが関節液になります。

医者が打つ「ヒアルロン酸」などは、この潤滑作用の改善を目的としています。

関節液が増える理由

関節液の役割は「栄養作用」「潤滑作用」の2つです。つまり、関節液が増える理由は「栄養が足りていない」「潤滑作用が足りていない」ことに対する代償と考えることができます。

関節の栄養が足りていないとはどのような状況でしょうか。

例えば、関節軟骨や半月板が損傷します。損傷すると、炎症が生じ、組織の修復が始まります。血管の分布がないため、修復作用は強くないですが、私は修復が起こっていると考えています。

スポンサーリンク

そして、炎症反応には血液による栄養が必要です。つまり、関節内の組織が損傷し、その修復に栄養が必要ということです。これが、関節液が溜まる、1つ目の理由と考えます。

当たり前ですが、この反応は体にとって必要な反応です。つまり、関節液が通常より増えないと、組織が修復されないということです。この理由で関節水腫が起こっている場合に、無理矢理「穿刺」を行うとどうなるでしょうか。

これが一つ「関節穿刺」を行うデメリットになります。

次に、潤滑作用が足りない状況について解説します。

関節は「圧縮」と「牽引」が加わることにより、関節液の循環を促します。そのことにより、潤滑作用が促されます。つまり、関節運動が生じることが、潤滑を促す条件ということです。

よって、「不動」や「固定」は潤滑作用の低下を招きます。このような状況で、それ以上の負担をかける必要がない場合は、潤滑作用も必要ないため問題ありません。しかし、不動や固定の後、歩くや立つなど関節に負担をかける状況になった場合どうでしょうか。このときは、潤滑作用が必要になるため、関節液を増やします。

以上の2つの理由のように、関節液は必要に応じて増えているということです。

関節液が慢性的に溜まることが問題

関節液が貯留することにもデメリットがあります。それは「疼痛」と「筋力低下」が生じることです

関節液が貯留すると、関節内圧が上昇し、関節包が伸張されます。関節内圧の上昇と関節包の伸張により、疼痛が出現します。また、関節包の伸張は「反射的な筋力低下」を招きます。

このように、関節液が溜まることにはデメリットもあります。

大切なことは、必要以上に貯留した状態を作らないことです。先ほど述べたように、関節液が溜まるには理由があります。まずは「現在の関節水腫はなぜ溜まっているのか」という思考にいきつくようにすることが大切です。