スポンサーリンク

理学療法士の業界にもさまざま分野のセミナーが入っており、新人のうちからそのようなものに触れる機会が多くあります。例えば、コミュニケーションやプレゼンなどはその代表です。また、そのようなものだけでなく、マーケティングやコピーライティングのようなものの勉強会などもあります。

確かに事業を行っていく上でこのような能力は必須です。

しかし、新人や若手のうちから理学療法士がこのような勉強ばかり行っても大丈夫でしょうか。このような知識が役に立つことは間違いありませんが、もっとやるべきことはあるのではないでしょうか。

専門家として

理学療法士は身体の専門家です。そして、患者さんに対して治療やリハビリテーションの支援を行います。そのため、治療やリハビリテーションに関する専門的な知識を有していることは理学療法士としての前提条件です。国家試験を通る程度の知識では、臨床で通用しないことは誰もが実感している通りです。

そのため、まずは最低限の専門的な知識を学ぶ必要があります。これは、並大抵の努力では身に付きません。学校の勉強と違い、知っておくべき知識や考えなければならないことは無限大です。いくら考え、学んでも足りません。

そのような時に、専門的な勉強をせずマーケティングやコピーライティングなどに時間を使っていると、専門的なことに対して使える時間が疎かになることは当たり前です。

将来的にも人の下で働き、一定の給料だけもらえれば良いと考えている人は、ある程度でも良いと思います。その人の人生ですので、人生をかけてまで勉強することを強制されることはありません。しかし、それでも専門家として最低限の知識と技術の習得は必要です。そのような最低限の知識もないと、結果的に患者さん殺してしまうようなこともあります。

考えてみてください。あなたの親族が理学療法士の知識不足で亡くなってしまったら、どう思いますか。患者さんはあなたのことを知識と技術がある専門家として信頼したうえで治療を受けています。

スポンサーリンク

そのような意味でも、とくに新人、若手の頃は専門的な知識、技術の習得に集中するべきだと思います。

将来のために

また、このように新人や若手のうちに専門的な知識と技術を身に付けておけば、将来何かをする時に役に立ちます。考えて下さい。もし、理学療法の保険点数がなくなってしまったら、あなたは解雇されるかもしれません。そのようなときに、専門的な知識と技術がしっかりしていれば、どのような行動にも移せます。

しかし、もしそうでない場合は、職種を変えるしか選択肢はありません。

もしそれでも良いと言う人は、そうすれば良いと思います。個人的にはそのような人は、最初から職種を変えた方が良いのではないかと思います。

結局は、何のために仕事をしているかということです。社会貢献のための手段として仕事をしているのであれば、それを最も良い形でできる仕事をすれば良いだけです。資格を持っているから、ただ理学療法士として働いているというのは本当にもったいないです。

例えば、パソコンが好きで、尚且つ得意なのであれば、パソコンを専門とした仕事をした方が社会のためにも有益ですし、あなたも嫌な事をしなくてよくなります。

つまり、専門家として働きたいと思うなら、その専門的な勉強に力を入れるべきであり、そうでないのなら、早くあなたが一番良い形で社会貢献できるような仕事を見つけて、理学療法士を辞めるべきです。

いろいろ厳しいこともいいましたが、結局は専門家として最低限の勉強はすべきであり、その最低限のレベルもそこまで低くないということです。

とくに新人や若手の方は、いろいろ誘惑があると思いますが、しっかりとあなた自身の人生と治療の軸を作ることを意識してみて下さい。そうすれば、詐欺まがいの金儲けに走ったり、無駄なセミナーに参加することは無くなるはずです。