スポンサーリンク

理学療法士の役割として、リハビリテーションに関わる専門家ということを理解している人は多いと思います。しかし、その具体的な役割について明確に理解している人は少ないのではないでしょうか。理学療法士は具体的には、治療家として役割と、リハビリテーションを支援する専門家としての役割があります。

今回はこの理学療法士の役割について述べます。

治療家としての役割

理学療法士は、治療家としての勉強を中心に行なっている人が多いように感じます。筋膜リリースや関節モビライゼーション、ストレッチなどはその例に当たります。つまり、機能障害を治療する役割のことを指します。このように、関節可動域制限や筋力低下などの機能障害を改善することによって、患者さんの症状の改善につなげます。

クリニックに勤めている理学療法士は、この役割が特に求められます。しかし一方で、この役割ばかりに目がいき、リハビリテーションを支援する専門家としての役割を忘れていることが多いのもクリニックに勤めている理学療法士です。

スポンサーリンク

リハビリテーションを支援する専門家としての役割

脳卒中後の後遺症や、先天的や手術による構造の欠損がある場合は、その障害自体を改善させることは難しいです。このような時に、改善しない障害にばかり目を向けて、その人の生活に目を向けていないという状況になりがちです。つまり、改善しない障害に対しての治療を行い続けてしまうということです。

もちろん、諦めないことは大切です。しかし理学療法士は、医療従事者として限界を見極め、落としどころをつけることも大切な役割です。

まずは治療家としての役割を果たし、その人の持っている身体機能を最大限に引き出すことが重要です。しかし、その身体機能の限界を見極め、装具や住宅改修など、環境面を整えてその人の生活を支援することも、理学療法士の役割です。

回復期などの病院に勤めている理学療法士は、この役割がとくに求められます。

以上のように、理学療法士には主に2つの役割があります。しかし、この2つのどちらかだけが求められるのではなく、両方の役割を果たす必要があります。

個人的な印象ですが、先ほど述べたようにどちらか一方の役割に偏っている理学療法士が多いです。クリニックであろうと、回復期病院であろうと、理学療法士としてこの2つの役割を果たすことが大切です。